農業生産法人としての活動

title_nogyoseisanhojin

アグリマインドは、農業生産法人です。

アグリマインドは、農業生産法人として、農作物の生産にも取り組んでいます。

本物にこだわるから、素材にもこだわる。
本当に美味しいものを届けるためには、野菜作りも自社で手がけたい。
これからも、アグリマインドは、農業生産法人として、大豆をはじめとした野菜作りに取り組んでいきます。

photo_daizu_1photo_daizu_2photo_daizu_3photo_daizu_4photo_daizu_5photo_daizu_6IMG_1687

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業生産法人とは?

以下の要件を満たす法人をいう。

  1. 法人の形態は、農事組合法人、合名会社、合資会社、有限会社のいずれかであること。
  2. 事業については、農業及びこれに関連する事業並びにこれらに附帯する事業に限られること。
  3. 構成員(出資者)については、農地の権利を提供した個人や法人の事業に常時従事する者等農業関係者が中心に組織されていること。
  4. 業務執行役員については、その過半数が法人の事業に常時従事し、かつ、農作業に主として従事する構成員であること。

この農業生産法人の要件をすべて満たす法人で、農地を適正かつ効率的に利用して耕作又は養畜の事業を行うと認められるものに対し、農地法(昭和27年法律第229号)に基づき農地等の権利取得の許可がなされることになる。(農地等の権利を取得できる法人は、原則として、農業生産法人の要件を満たすものに限られている。)
農業生産法人制度は、農業経営の協業化を助長することを目的として、昭和37年の農地法改正により創設され、農業構造、農業経営の変化等に対応して、その要件の見直しが行われてきたところである。